バイオインプラントセンター茨城 / 厚生労働省歯科医師臨床研究施設

ウララ歯科クリニック

ご来院の前にご予約をお願い致します[アイコン]029-825-4488お問い合わせ緊急時も安心。年中無休
診療時間 全日 / 9:30~18:30(最終受付 18:00)
歯周病

歯周病は『早期発見・定期管理』が大切です

今日本では成人の80%が歯周病になるといわれています。
そんな歯周病、高齢の方の病気だと思っていませんか?実は若い人にも歯周病は多く初期段階が見られます。
口の中の健康は虫歯のみにとらわれがちですが、歯周病は生活習慣病のひとつだと思ってしっかりケアしましょう。

歯周病の症状は様々ですが、『歯周病菌』:歯垢(プラーク)が歯肉(歯周ポケット)に 感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう病気です。

歯周病の進行過程

健康な歯肉

歯肉が引き締まっており、歯ブラシをしても出血しにくい状態です。

初期歯周炎

見た目は健康な状態と違いが難しいですが、歯肉が腫れて骨も少し溶け始めます。

中等度歯周炎

骨が溶け、わずかに歯が揺れ始めます。歯肉も腫れ上がり口臭・出血・不快感が出てきます。

重度歯周炎

歯が揺れてしまい、上手く噛めなくなります。歯周ポケットから膿がでてくることもあります。

下記の症状は歯周病の初期症状です

1つでも当てはまる時は早めに受診されることをおすすめします。

  1. 歯みがきのとき、歯肉から血が出たり、朝起きたとき口の中がベトベトしませんか?
  2. 歯肉の色が変わったり、腫れたり、歯肉を押すと膿(うみ)がでてませんか?
  3. 歯と歯の間に食べ物がはさまることはありませんか?
  4. 口臭は気になりませんか(自分では気づかず、他人に聞いてみないとわからない)?
  5. 少しでも歯が動いていませんか?
  6. 歯肉が下がって(上の歯は上がって)歯が長くなってきているように感じませんか?
  7. 以前と比べて、歯並びやかみ合わせには変わったようなに感じませんか?
  8. 糖尿病の傾向はありませんか?

ウララ歯科クリニックで行っている歯周病治療

ブラッシング指導

ウララ歯科クリニックでは、歯科衛生士が適切なブラッシング指導を行います。
ブラッシングは、ご家庭での重要な歯周病の治療法の一つです。

定期的な掃除

普段の歯磨きでは取れない汚れ(バイオフィルム)・取れない部分の汚れ(歯の間など)を徹底的に掃除し、予防・治療を行います。

定期検査

歯を失わないため定期検査をおすすめしています。歯周病の初期症状は自分では気がつきません。ぜひ積極的に定期検査にお越し下さい。

定期診断の重要性

歯周病は初期症状を見逃してしまう事が多く、定期健診が重要な予防対策になってきます。
下記の様にならない為にも、ウララ歯科クリニックでは定期的な健診を患者様にお勧めしております。

検査前

一見、歯石など付いてない様に見える歯を検査してみました。すると…

検査後

歯肉縁の下に縁下歯石がありました。
これが歯周病の原因の一つでもあります。

5年間放置後

5年も放置した歯周病です。
歯石がたくさんついています。

診療の流れ

初診・相談

歯周病治療の相談と、大まかな治療計画を行います。

精密検査

X線診査・歯周ポケット検査・動揺度・出血等の各種検査、その他ムシ歯の治療、義歯など。

初期治療

歯面掃除・スケーリング・ブラッシング指導を行います。

再検査

状態が良ければそのまま定期検査でのメンテナンス治療を行っていきます。
状態が良くない場合は、歯肉の中の根面の歯石を取って(ルートプレーニング)ツルツルにします。

歯周外科治療

ルートプレーニングで良くならなかった場合は、歯周外科治療を行います。

再検査・再評価

治癒状態を再検査・再評価し、定期検査に移ります。

定期検査

定期的にメンテナンスを受け、歯周病を再発を予防します。