診療内容

精密根管治療<マイクロエンド>

高精度で確実な根管治療を行います

マイクロスコープでしっかり確認

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた精密根管治療では、歯科用拡大鏡や肉眼では見えなかった根管(神経が通っている管)の中を約20倍にまで拡大し、直視しながら治療を行うことができるため、従来の治療と比べて格段に質の高い治療をご提供できます。

根管治療とは

様々な原因により傷んでしまった根の中の神経や感染源を取り除き、再感染を防ぐために薬を詰める一連の治療です。
しかし根の中はとても細く、暗くまるで迷路のようになっており、肉眼だけではほとんど見ることができません。その為、術者の勘や経験に頼らざるを得ず、時には再感染による再治療や抜歯のリスクも伴うため、成功率は40%以下とも言われています。

1.保険治療と精密根管治療の違い

保 険 治 療

  • 20年以上前と変わらない器具を使用して行う
  • 治療の成功率が低い(40%以下とも言われる)
  • 保険治療であるため、安価に治療できる
  • 1度の治療時間は15分~20分で半年以上かかる場合もある
  • (肉眼では見えないので)経験や勘に頼った治療

精密根管治療

  • 最新の機器・材料を使用して行う
  • 治療の成功率が高い
  • 自費治療なので治療費が高額
  • 一度の治療時間は60分~90分、3~4回の治療で完了
  • 約20倍に拡大し、歯の形態を把握しながら治療を行う

2.より安全で確実な精密根管治療を

ウララ歯科クリニックでは、より安全で確実な根管治療を行うため、
様々な機器・素材を導入しています。

マイクロスコープ

肉眼では見えない歯の根管内を約20倍まで拡大できる歯科用顕微鏡です。従来は術者の勘や経験に頼らざるを得なかった精密根管治療において、確実で精度の高い治療が可能になります。

MTAセメント

治療によってきれいになった根管内に再び細菌が入らないように、隙間なくふさぐ必要があります。 その際に使用するのが、この「MTAセメント」です。 殺菌性・生体親和性・封鎖性に優れており、漏洩による炎症を引き起こすことなく外来刺激を遮断します。

Ni-Tiファイル

小さな歯の根の先まで充填材料を浸透させるため、根管を拡大・形成する装置です。 複雑な形状の根管でも、反復回転運動を繰り返すこの装置を使用することで短時間で根管を拡大・形成することができます。

ラバーダム

口腔内には数多くの細菌が存在しています。治療の際、口腔内の細菌が歯の中入ってしまうことを防ぐため、ラバーダムというゴムのマスクを用いて、治療部位のみを分けた状態で治療を行います。

3.こんな方におすすめ

他院で治療が難しいと言われた方
抜歯しなければいけないと言われた方
少ない通院回数で治療を終わらせたい方

上記のお悩み以外にも、ご相談をお受けいたしますので是非お問い合わせください。

診療内容一覧

  • 最新設備のご紹介
  • スタッフ募集中!
  • 歯科医師臨床研修について