滅菌対策 滅菌対策

患者さまの安心・安全を第一に

ウララ歯科クリニックでは、スタッフ一人ひとりの危機意識と
最新の設備による徹底した衛生管理で、院内感染の予防に努めています。

院内感染とは

医療施設内で感染性の病気(エイズウイルス、肝炎ウイルスなど)が他の患者さまにうつってしまうことを「院内感染」と言います。
歯科治療で使用する器具は唾液や血液に触れる機会が多く、それらにウイルスが混入している恐れがあります。そんなリスクがあるにも関わらず、全国の歯科医療機関の半数近くがハンドピース(歯を削る際に使用する器具)を患者間で使い回しているということが2017年の厚生労働省研究班の調査で明らかになり、マスコミやインターネットを賑わせました。(詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。)
当クリニックでは歯科用ハンドピース専用滅菌器(DACユニバーサル2)を導入し、患者さまごとにハンドピースの内部まで確実に洗浄・滅菌。すべての患者さまが安心して治療を受けられるよう、今後も徹底した衛生管理で院内感染予防に取り組みます。

ウララ歯科クリニックの滅菌対策

スタンダードプリコーション

「スタンダードプリコーション」とは、感染症の有無に関わらずすべての患者の血液、体液(汗を除く)分泌液、排出物、粘膜、損傷した皮膚には感染の可能性があるとみなし、すべての患者を対象に実施される予防対策です。
歯科用ピンセットやミラーなどは高温・高圧で滅菌した後にパックし、患者さまの治療の時に封を切ります。
また、コップやエプロンなども可能な限り使い捨てのものを使用し、徹底した衛生管理を行っています。

3つの滅菌器を使用し、徹底的に滅菌・殺菌

高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)・ホルマリンガス滅菌器・歯科用ハンドピース滅菌器(DACユニバーサル2)を使用し、徹底した滅菌・殺菌を行っています。
これらの機器をすべて取り入れている歯科医院は多くはありません。当クリニックでは患者さまの安心を第一に考え、かねてより真摯な姿勢で滅菌・殺菌に取り組んでおり、新人スタッフにもまず最初に清潔域・不潔域を徹底指導しています。

滅菌をサポートする設備

ウララ歯科クリニックの滅菌対策は以下の設備によって支えられています。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)2台・
小型オートクレーブ1台

高温高圧の飽和水蒸気による滅菌(オートクレーブ滅菌、高圧蒸気滅菌)処理のための装置です。 滅菌にはいくつかの手法が存在しますが、オートクレーブはその中でも最も普遍的かつ用途の広い方法の一つです。

ホルマリンガス滅菌器1台

滅菌器に非対応の材質は、殺菌剤を使用しており環境への影響もありましたが、最新式の「エコパルザー」は滅菌レベルも高い上、ホルマリン残留臭も一切なく安全で確実に殺菌処理が行えます。

歯科用ハンドピース専用滅菌器
(DACユニバーサル2)2台

虫歯治療など、歯を削る際に使用する器具(ハンドピース)を滅菌してくれる装置です。 小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ標準EN13060のクラスS要件を満たし、洗浄に関しても、洗浄殺菌装置に関する国際規格ISO15883-5をクリアしています。

口腔外バキューム

優れた集塵効果で、汚染源になっている治療時の切削粉塵や飛沫を発生源から捕集します。診療室をクリーンで快適な環境に保ち、治療を受ける患者さま、治療に携わる先生や衛生士の健康を守ります。

滅菌パック

医療器具は高温・高圧で滅菌パックされ、患者さまの治療の時に封を切ります。 さらに紫外線滅菌装置で厳重に滅菌処理を施しています。

  • 最新設備のご紹介
  • スタッフ募集中!
  • 歯科医師臨床研修について